PRODUCTS 製品

SERVICE サービス

COMPANY 会社案内

採用情報

社員インタビュー

TTOP MTOP KTOP YTOP
開発
T.Amemiya
2017年4月新卒入社
理系大学卒
運用・保守
M.Takatsu
2008年4月新卒入社
理系大学卒
品質管理
K.Ushigome
2007年10月中途入社
サービス業から転職
開発
Y.Sasaki
2016年7月中途入社
IT企業から転職



Amemiya1




開発
T.Amemiya
2017年4月新卒入社
理系大学卒




就職先にジィ・シィ企画を選んだ理由を教えてください

「地元千葉県で働きたかったこと」「SEになりたかったこと」、この2つに合致し、チームワークの良さそうな社風も気に入ったためです。 入社前の会社説明会の際に、営業・開発・運用の先輩社員の方々と話す機会があったのですが、プロジェクトで横の繋がりができていて、他部署でも一緒に業務を進めているということがわかりました。 また、先輩社員同士が話している様子から、言いたいことを言い合える雰囲気だなと感じました。




入社後1年間はどのようなことをしていましたか?

Amemiya2

入社して4月~6月は新人社員研修(外部研修)に参加しました。 同じIT企業の新入社員(およそ80人)が集まり、プログラミングやビジネスマナーの基礎を学ぶ研修です。 3ヶ月の新人研修が終わると、7月からは現場(自社)でプログラミング(C#)、プロジェクト進行等を先輩社員から教えていただきながら習得していきました。 秋頃にはテスト実施等の簡単な作業を通してプロジェクトに関わるようになり、2月頃には、先輩社員のサポート付きではありますが、小規模プロジェクトのPL(プロジェクトリーダー)に任命していただき、業務を遂行しました。









現在はどのような仕事をしていますか?

徐々に大きなプロジェクトにも最初の段階から関われるようになってきました。 規模が大きくなるにつれて、任せてもらえることへのやりがいと同時に、期待されていることへの責任を感じています。 決済を速く、正しく、安全に処理する製品・サービスを提供しているので、社会に貢献しているという感覚があります。



どんな人がジィ・シィ企画に合っていると思いますか?

Amemiya3

当社は自社パッケージを持っているので他社常駐がありません。 上流工程から下流工程までを見ることができます。 いろいろな会社に行って、いろいろな業務に関わりたいという人ではなく、自社でじっくりやりたいという人に良いと思います。 販売から運用までワンストップでやっているので、「自分が関わった製品が世の中で動いている」ということを実感することができます。 また、千葉県佐倉市に本社があるのですが、千葉県でSEとして働きたい人には「佐倉市にもIT企業があるよ!」と伝えたいですね。


















Takatsu1




運用・保守
M.Takatsu
2008年4月新卒入社
理系大学卒







就職先にジィ・シィ企画を選んだ理由を教えてください

大学3年の夏にインターンシップで2週間お世話になっていたので、エントリーしました。 もともと自宅から近いという理由でインターンシップ先として選びましたが、「上下関係が厳しくなくて働きやすそうだな・・・」と思った記憶があります。 そのときに配属されたのが現職の運用部門でした。当時はコールセンター、データ処理作業、データセンター保守等の仕事を一切知らず、とても新鮮に感じ「やってみたい」と思いました。



入社後1年間はどのようなことをしていましたか?

Takatsu1

最初の3ヶ月間は社外新入社員研修に参加しました。 4ヶ月目から現場に戻り、コールセンター、データ処理作業を先輩社員に横についていただいて覚えていきました。 運用部門は24時間365日対応できる体制をとっているため、1~2ヶ月経つと新人のわたしもシフト勤務になりました。 その後、夜勤シフトに入っていた時期もありますが、現在はまた日勤に戻っています。 本人の同意がなければ夜勤シフトや年末年始シフトに入ることはありませんので、ご心配なく!











現在はどのような仕事をしていますか?

現在はデータ処理や障害対応などに関わっています。 運用保守と言っても業務内容が多岐にわたり、すべてを習得することは難しいので、課の中でも業務を分担しています。 「コールセンター対応」と「データ処理作業」で業務内容が違いますし、ユーザ毎にも対応方法が異なるので、1つずつ身につけていくしかありません。 想定外のことが発生しても焦らず臨機応変に対処しなければならないため、だいぶ「心持ち」の面が鍛えられたと思います。



どんな人がジィ・シィ企画に合っていると思いますか?

Takatsu1

どの会社でも同じかと思いますが、お客様だけでなく社内の他部署との連携も重要なので、「コミュニケーションが得意な人」。 得意でなくても「人との関わりが好きな人」。 わたしたち運用部門も、営業・開発部門の社員とやりとりすることはしょっちゅうです。


















Ushigome1




品質管理
K.Ushigome
2007年10月中途入社
サービス業から転職




就職先にジィ・シィ企画を選んだ理由を教えてください

ハローワークの職業訓練で行った研修企業先がジィ・シィ企画でした。 研修中は開発部門の補佐業務をしていました。偶然にも、配属部署の(しかも隣の席に)高校時代の同級生がいたので、こんな偶然ってあるんだ!?と、とても驚きました。 研修期間中から社員の方と分け隔てなく扱っていただき、研修終了時に「良かったら当社に・・・」とお声掛けいただいたのが入社のきっかけです。



現在はどのような仕事をしていますか?

Ushigome2

開発部門が製造した製品に問題がないか、そのための必要な工程を正しく踏んでいるかの品質管理を行っています。 製品の仕組みを理解していないとチェックができないので、そこは大変でもありますが、不具合の検知につながった時、意味のある管理だと感じます。









出産後、職場復帰されましたが、育児休業前や職場復帰時の不安はありましたか?

いいえ、特に不安はありませんでした。 育児休業中にも社内報が毎月送られてきており、新しい社員がたくさん入っていることも分かっていたし職場のレイアウトも変わったと聞いていました。会社の雰囲気はどうなっているんだろうと少し緊張はしていましたが、取り越し苦労に終わりました。 出産した女性社員は専業主婦になった一人をのぞき全員職場復帰して働いていますし、理解のある方々が多い会社なので、女性にも働きやすい会社だと思います。 時短勤務で働いても、育児休業早期復職手当などで支援していただいているので助かります。



ジィ・シィ企画のどんなところが好きですか?

Ushigome3

他部署の人でも部長や課長でも、歳の差や立場をきにせずに気さくに話せるところでしょうか。 困ったときにフォローしてくれる人たちがあちこちにいるので、1人で思い悩まず相談しています。


















Sasaki1




開発
Y.Sasaki
2016年7月中途入社
IT企業から転職




就職先にジィ・シィ企画を選んだ理由を教えてください

それまでもシステムエンジニアとして働いていましたが、客先常駐型だったので「案件が終わると別の場所へ勤務」の繰り返し。 そのシステムがどのように使われているかもあまり意識せず、やりがいを感じられなくなっていました。 そこで自社開発をしている会社を探していたところ、前職よりも近い場所にジィ・シィ企画を見つけ、応募しました。 面接では、人事担当者以外に開発部門の部課長もいらして、業務について話を聴くことができ、不安なく入社することができました。



現在はどのような仕事をしていますか?

Sasaki2

最近は、要件定義や設計といったいわゆる「上流工程」に関わることが多くなってきましたが、開発やテストも実施します。 「Aさんはシステムエンジニア、Bさんはプログラマ」というように明確に業務分担してはおらず、上流から下流まで関わることができるのが当社の良さだと思います。 具体的には以下のようなことをしています。

例)要件定義
お客様と打ち合わせしながら「機能や画面に表示するイメージ」などの要件を決める

例)開発
「お店に配置する決済端末」に入れるクレジット・ポイント取引ができるアプリケーションの開発




良いと思う制度はありますか?

資格取得報奨金制度。例えば、資格試験に合格すると報奨金が出るのですが、難しい資格試験の場合、報奨金が10万以上のものもあります。 難易度が低い試験でも、会社で必要と認められた試験なら報奨金がもらえます。 毎年、社長賞や特別賞の表彰があり、特別賞は社員の投票により選ばれるので、自分が選ばれたときは嬉しかったです。 選んでくれた人のコメントも発表され、全社会議の場で金一封いただきました。 また、家族手当が支給されるので、子供が複数いる我が家では助かっています。



ジィ・シィ企画のどんなところが好きですか?

Sasaki3

役職や年齢に関係なく話しやすい人間関係が気に入っています。 管理職も気さくな人が多いですし、違う事業所との関わりもあり、飲みに行くこともあります。 みんなで協力して製品・サービスを提供していると感じられるのは、自社製品があるからこそだと思います。



















このページの先頭へ